人々がこころ豊かで
質の高い人生を楽しむために
~ Quality of Life ~

うれしさ、楽しさ、感動、
心のゆとりを生み出す、
コミュニケーションのための
プラットフォームを創出する

「インターネット」と
「従来の技術や文化」の融合により
新しい価値を創造する

日本は戦後復興期から高度成長期や安定成長期を経て、物質的に豊かになり、ITやインターネットの普及によりさまざまな情報を入手できるようになり、日常生活において非常に便利な社会になりました。

しかしながら、国連による世界幸福度調査では43位、ブータン王国の先代国王が提唱した国民総幸福度(GNH)では90位にとどまっています。

かつて日本は世界2位の国内総生産(GDP)の規模を誇る経済大国でしたが、やがて経済成長は鈍化し、中国に抜かれて3位になり、人口も2010年をピークに減少に転じ、日本はまさに成熟社会になりました。

人間は長い歴史において、地域や家族というコミュニティに支えられて生きてきましたが、成熟社会になるとコミュニティの支えがなくても日常生活ができるようになるため、従来のコミュニティとのつながりは薄れ、多様化した価値観を持つ個人が、個人の責任で生きる社会へと変化しました。便利で自由な社会になったものの、コミュニティとのつながりの希薄さが孤独感を生み、幸福を感じられなくなっているように思えます。

一方、インターネットの普及により、SNS上で価値観の同じもの同士が集まり、新たなコミュニティを作れるようにもなりました。従来のコミュニケーション手段にはないリアルタイム性を備えた非常に便利なサービスです。ただ、過度に依存しすぎてしまうと、24時間365日SNSに追われているような気持ちになり、返事を書かなければならないという義務感や脅迫感などの新たな不安を抱える人も増えてきました。

成熟社会において、幸せを感じるのは「モノの豊かさ」ではなく、「心の豊かさ」です。

そのために、私たちは人と人がつながることでうれしさや楽しさ、そして感動を生み出し、心にゆとりを持ちながら使えるコミュニケーション・プラットフォームを創出していきます。

まずは「PCやスマートフォンから手紙が送れるサービス」を開始しました。本サービスは「メールの手軽さ」と「手紙をもらう嬉しさ」を併せ持ち、「インターネット」と「手紙という趣のある文化」を融合することで生まれたサービスです。

デジタルポストは「人々がこころ豊かで、質の高い人生を楽しむために」という企業理念を実現していくために、新たなチャレンジをしつづけていきます。これからのデジタルポストにご期待ください。

新サービス「PAPIRS(パピルス)」のリリースのお知らせ

ネットから手紙やハガキなどを郵送できるWebサービスの印刷・郵送機能を、だれでも気軽に利用できるようにしたクラウドAPIサービスです。